2012 / 中途

総務部 広報・採用グループ

唯一の共通点は「人を大事にする人が多い」ということだと思います

ここなら自分の強みを生かした仕事ができる

小さい頃から、教師になることが私の夢でした。その夢を目指し、大学は教育学部へ進学し、小学校の教員免許、中学・高校の国語の教員免許を取得しました。就職活動の時期になったとき、このまま公務員として決められた範囲で働くよりも、民間企業で新しいことにチャレンジしたいという想いが強くなってきました。そこで勢いのあるIT業界を志望しました。前職の会社は社員が何百人もいる、いわゆる「大手」と呼ばれる会社でした。規模も大きく、経験や技術もついてきましたが、普通の毎日に何か物足りなさを感じていました。もっとやりがいを感じて仕事がしたいと思っていたとき、出会ったのがサンブロードバンドです。私がベンチャーを選んだ理由は、自分のやりたいことがダイレクトに会社に反映される、一挙手一投足で会社を動かすことができると思ったからです。サンブロードバンドの面接で、「一人ひとりが活躍できるステージを作ってあげたい」と言われたとき、ここなら自分の強みを生かした仕事ができるんじゃないかと思いました。

顔を合わせて二人で話す時間を多く作っています

エンジニアとして応募していましたが、入社前の段階で「採用や教育をやってみないか」と言われました。以前から興味があったことだったのでとても嬉しかったのを覚えています。前任が現場に出ることになり、その方との切り替えで業務を引き継ぐことになりました。業務的な引き継ぎ以外、特に教育の部分は好きなようにやっていいと言われていたので、足りないものや必要なことを自分で考え、教育資料を一から作り直しました。教育で大事にしていることは、その人の適正をしっかり見てあげることです。一人ひとりに合わせてカリキュラムを組んでいますが、やっていく中で随時修正して、その人にとって本当に必要になるものを考えています。また研修生と話す時間も大事にしていて、顔を合わせて二人で話す時間を多く作っています。表情や言葉で今楽しいのか辛い時期なのかを見て、困っていることがあれば助けるし、楽しんでいれば継続できるように全力でサポートしていく体制を常に整えています。

いろんな意味で個性的なメンバーが多い

面接のときに見ているポイントは、「素直な人」「何事にも一生懸命な人」「成長意欲の高い人」「一緒に強い会社を作りたいと思ってくれる人」です。このポイントに当てはまる人に来てほしいなと思っています。うちの会社は、いろんな意味で個性的なメンバーが多いです。一人ひとり違い似たような人もいないけど、唯一の共通点は「人を大事にする人が多い」ということだと思います。イベントがあれば先輩後輩関係なく全員で準備から片付けまでやったり、業務後の時間を使って勉強会を開いたり、自分の時間を惜しまずに人に使う人が多いです。ITに興味があるという事も大事ですが、「人」が好きという事も同じぐらいか、それ以上に重視している部分ですね。今、ユニットリーダーというポジションでメンバーをまとめる立場になり、自分がスポットを当てられるように動くのではなく、メンバーにスポットを当てるにはどうすればいいか、ということを常に考えています。年間の賞も自分がとるよりメンバーがとってくれた方が何倍も嬉しいです。今後、この会社に入ったからには何か新しいことを作りあげたいと思っています。今までやっていない事にどんどん挑戦していきたいです。

ENTRY

希望者の方には、会社説明会も実施しております。
お気軽にエントリーください。

ENTRY !!

ページトップへ戻る